先輩社員の紹介

宮本琴江
インタビューア
なぜ、この会社を選びましたか?
宮本
食品に携わる仕事をしながら地元で社会貢献したいと考えていました。そんな中、ふじや食品の玉子どうふは小さいころから食べていて親近感も湧いたので選びました。
インタビューア
今、どんな仕事をしてますか?
宮本
外装という部署で、茶碗蒸し・玉子とうふ・カップグラタンなどの商品の包装をしています。日々、機械のオペレーターや箱入れ、スープ・日付の検品など様々な作業をしています。
インタビューア
楽しかったこと、辛かったことで印象的なエピソードはありますか?
宮本
仕事風景入社当時はラインのスピードが早くて作業についていけなかったり、取り扱っている商品の種類が多く覚えるのが大変だったりと苦労しました。 しかし、先輩社員に優しく教えてもらい出来るようになった時はとっても嬉しかったです。
インタビューア
会社の商品で好きなものは?その理由は?
宮本
具だくさん茶碗蒸しです。出汁がきいていて、海老、しいたけ、肉団子などたくさんの具材が入っていて食べ応えがあるからです。
インタビューア
ふじや食品のいいところは?その理由は?
宮本
他部署の人とも「お疲れ様」などと気軽に声を掛けあえるアットホームな雰囲気が良いところです。 (幅広い年代の人と働いているので、同年代の考えのみにとらわれず得られるものが多く日々成長を感じることができています。)
インタビューア
今後の目標は?
宮本
私たちの部署が実質的な製品の最終チェックの工程になるので、一つ一つ確認しながら作業をして安全で美味しい商品をお届けしたいです。 リーダーとしては、作業者の方がスムーズに仕事ができるように気配り目配りで向上心を忘れずに頑張りたいです。
橋脇拓也
インタビューア
なぜ、この会社を選びましたか?
橋脇
私は大学で食品に関するカビ毒について研究をしていました。食品に関する研究を行っていましたが、純粋に興味があっただけで、食品関係に就職しようとは考えていませんでした。 説明会で様々な企業の話を聞いていく中で、人々の生活に役に立つような仕事がしたいと思いました。その中でも、学んでいたことを生かせるということもあって、生活に必要不可欠な食品という分野で働きたいと考えました。 研究の内容的にも最初は品質管理という事も考えましたが、就職活動中に人と人との関わりや、魅力を伝えるような仕事がしたいと感じていたので営業を志望し、入社させていただくことになりました。
インタビューア
今、どんな仕事をしてますか?
橋脇
仕事風景スーパーのバイヤーや、問屋の担当者などに対して自社商品の提案を行います。 お店の立地や大きさ、気温など様々な要因で求められる商品も変わります。 それを踏まえた上で商品を紹介し、売り場の提案を行います。季節や催事での販促提案や新商品の案内など、商談を行うなかでバイヤーとの人間関係を築くことを大事にしています。 店頭で試食販売を行い消費者の声を直接聞いたり、バイヤーから商品の売れ行きや、どのようなトレンドの商品が売れているかなどの情報を集めて、商品開発部に伝えることでよりよい商品の開発にもかかわることが出来ます。
インタビューア
楽しかったこと、辛かったことで印象的なエピソードはありますか?
橋脇
営業活動通して楽しいと感じることは、やはり様々な人たちと交流できることです。 人それぞれ感性や価値観があるので、自分では気づけなかった商品の利点や疑問点に気づくことができ、よい刺激となっています。 辛かったことは、提案がうまくいかず商品が採用されなかった時です。 しかし、こういった失敗を、次の提案に生かすための勉強と思い日々前向きに頑張っています。
インタビューア
会社の商品で好きなものは?その理由は?
橋脇
茶碗むし、特に具だくさん茶碗むしが好きです。 しっかりとした出汁感に加え、具材がゴロゴロと入っていて、ボリューム満載だからです。
インタビューア
ふじや食品のいいところは?その理由は?
橋脇
自信をもって商品の品質が良いと言えるところです。 食品業界では度々品質の問題が話題にあがりますが、ふじや食品では原材料・製造工程での基準に力を入れているので、常に安心してお客様に食べていただける商品だと自信をもって言えることです。
インタビューア
今後の目標は?
橋脇
自社で製造している商品群はもちろんですが、食品業界全体の知識をより深めることです。一人前の営業になるため日々勉強しています。